パニック障害 スマホ 原因

MENU

パニック障害を薬なしで自力で克服する方法

スマホによるうつむき姿勢がパニック障害の原因となる

スマホがパニック障害の原因

 

パニック障害はこれまでストレスなどの精神的なものや不規則な生活習慣が
すべての原因だと思われていました。

 

ところが昨今の研究の結果によって、
パニック障害はスマホの使いすぎなどが原因だということがわかってきたのですね。

 

 

では何故スマホがパニック障害を発症させてしまうのかというと、
それはスマホを使うことによって「うつむき姿勢」が長時間続くからです。

 

このうつむき姿勢が継続されることによって、
首に長時間かなりの負担が掛かってしまいます。

 

パニック障害を薬なしで完治させる唯一の方法!」でも解説しているように、

 

首のこりや疲労が原因となりパニック障害などの病気を引き起こします。

 

 

ですから今の現代社会は、ほとんどの人がこのような病気にかかる可能性があると言っても過言ではないのです。

 

もちろんスマホの使いすぎはパニック障害だけでなくうつ病や自律神経失調症、
不安障害など精神的な病気とされるあらゆるものに関係しています。

 

少しでも不安に感じる時間が長かったり、
なんとなく元気が出ない、やる気が出ないという症状を自覚している方は
スマホの使用時間を短くする
努力をしましょう。

 

またスマホを使うときも、あまりうつむき姿勢にならないように注意して、
適切に使用されることをオススメします。