パニック障害のサプリメント

MENU

パニック障害を薬なしで自力で克服する方法

セロトアルファはセロトニンを増やしてストレスに強い体を作る



 

 

パニック障害が引き起こされる原因のひとつに
慢性的なセロトニン不足があります。

 

セロトニンは副交感神経を正常に働かせ、
体や心をリラックスさせたりメラトニンという睡眠を促すホルモンとも強い関係を持っている重要な物質
です。

 

セロトニンが不足するとパニック障害やうつ病などの病気になる前に様々な症状が出てきます。

 

それは例えば不眠やイライラ、肌荒れ、焦燥感、不安感、ほてりや発汗など、精神的な症状から体に出てくるものまで様々です。

 

 

セロトニンが不足する原因は日光を浴びる時間が短かったり、運動不足、食生活の乱れなど複数の可能性があります。これらが積み重なってくるとパニック障害を発症させてしまうひとつの大きな原因となってしまうということです。

 

逆にセロトニンを増やせばパニック症状の緩和や病気の克服が期待できるのです。

 

まずは前述したような生活習慣を正すことをオススメしますが、セロトアルファというサプリメントも効果的です。

 

セロトアルファは大麦発酵酵素や麹菌、焼成カルシウムなどをカプセルに閉じ込め、
セロトニンの合成に非常に効果的です。

 

こういったサプリメントを利用しながら普段の生活も整えて行くことで
パニック障害の完治を早めることができますのでぜひ意識してみてください。

 

セロトアルファサプリメントの詳細はコチラ